株式会社羽衣運輸

SDGsへの取り組み


SDGsは「持続可能な開発目標」の略となっており、社会が抱えている問題を解決して世界全体で2030年を目指して明るい未来を作ることを目標とされています。
2015年9月に国連で採決されており、先進国だけでなく発展途上国を含めたすべて国が対象です。
経済・社会・環境の三方良しを目指しており、17の目標と169項目のターゲット(達成基準)が設定されています。
SDGsの持続可能な開発とは、将来世代のニーズを損なわずに開発していくことを指しています。その中には環境問題や社会問題も含まれています。
この考え方は、企業経営にも広がっています。企業経営でもSDGsが浸透することによって、地域貢献や企業の将来発展を後押しすることが期待されているのです。
羽衣運輸では、この持続可能な開発目標の実現のため、SDGsの17のゴールの中から課題を絞り、従業員一丸となって取り組んでいます。

羽衣運輸の取り組み

法定健康診断100%
ふじのくに健康づくり推進事業所認定証 取得
営業所に血圧計・体重計の設置
県トラック協会富士支部女性部会員として献血活動への参加



日常点検、安全運転、省燃費講習会の実施
「男女共同参加社会づくり宣言」登録事業所
県トラック協会の会員として、地域の小中学校での交通安全教室への参加
県トラック協会の会員として、地域道路清掃への参加
県トラック協会女性部会員として、児童養護施設でのトラック体験乗車会・少女8人制サッカー大会